VIEWカードはキャッシングサービス廃止

キャッシングベスト3

VIEWカードはキャッシングサービスを廃止。今後はどうなるの

VIEWカードの利用者です。便利に使っていたのですがキャッシングサービスが廃止されてしまったようで、いざという時を考えればどうするのが良いか迷っています。VIEWカードではなく他のキャッシングカードを用意するか、このままVIEWカードを使い続けようか。どうするのが良いでしょうか。

VIEWカードはそのままに予備のカードを用意することがお勧め

VIEWカードとはSuicaと一体になったクレジットカード。定期券の購入、チャージでのポイントが優遇される定期一体型でとても便利という通勤者にターゲットしたクレジットカードです。JRを日常使いする人にとっては魅力のあるカードとしてデビューし長く使われています。

JR東日本の主要な駅に設置されているATM、ゆうちょ銀行、銀行のキャッシュディスペンサーを使ってキャッシングできることもメリットのひとつでした。ところが2009年4月以降、2006年の改正貸金業法の公布に応答するかのように、クレジットカードのキャッシングサービスから撤退を決めたようなのです。

銀行のキャッシュカードであれ、駅のATMを使用することができるようになってきた金融関係の提携は便利になってうれしいことなのですが、そのことも誘因となってVIEWカードのキャッシングの利用者も実は伸び悩んでいたと言われています。

このような次第で、2009年以降に発行されるVIEWカードにはキャッシング枠が設定されないようになっています。これはキャッシング枠が必ずセットになっていたそれまでのクレジットカードとはまた違った用途を開拓したともいえる試みとも評価されるもので、VIEWカードの新しい時代を迎えたともいえることでしょう。

今後のVIEWカードは電子マネー、クレジットカードでのショッピング用に特化したカードとして生き残りを図るようです。とはいえ、キャッシング枠がないVIEWカードではいざという時のキャッシング用にはならないわけで、もし手元のVIEWカードが2009年以降に発行されたものであれば、備えとしてのキャッシングカード、あるいはカードローンは別に用意する方がよいということになるでしょう。

2009年4月1日以前に発行されたVIEWカードはしかし、キャッシングサービスの利用を継続できると発表されています。クレジットカードとしてはキャッシングサービスも大切なサービスのひとつであり、大きな収益源であることは確かな事実です。その意味では既に期日までに発行されていたVIEWカードのキャッシングサービスはそのまま維持される可能性が高いでしょう。

だからといって安心ばかりしていられない状況もあることを忘れてはならないでしょう。それはVIEWカードのキャッシングを利用する人たちの減少傾向に加えて、総量規制等の金融関係法令の改正等での規制などが大きく関わっているからです。場合によってはキャッシングサービスの全面打ち切りといった対応もあり得る話だということなのです。

ですから、キャッシング可能のVIEWカードを持っていたとしても、そのキャッシング利用の期限は良くわからない、いつまで可能なのかは不透明だということになります。万が一のキャッシングサービスを意図してのVIEWカードであればこそ、万が一の必要をカバーできるように工夫は必要かも知れません。

ということは、いざVIEWカードがキャッシングサービスを全面廃止するのを待たず、予備のキャッシングカードを用意しておくことも有効な選択肢だということになるのではないでしょうか。つまり現状手元にあるキャッシング枠付きのVIEWカードはそのままに、別のカードローン、あるいはキャッシングカードをもう一枚用意しておく事が賢明なことであるように思えるのです。

VIEWカードでキャッシングしたい人は提携カードが便利です

現在、様々なカードローン会社や銀行や鉄道系のカードローン会社がカードローンを行っており、また、クレジットカード会社がクレジット機能とキャッシング(融資)機能を併せもつカードを発行しています。

クレジット機能を持つカードは街中で多額の現金を持ち歩く必要がなくショップやレストランでの飲食の代金の支払いを済ますことができ、インターネットショッピングでは欲しい商品を探したときはオンラインで申し込むことができカードで瞬時に決済をすることができます。

融資機能を持つカードは、急な接待のときや同僚や友人との急な飲み会など、予期しない出費があったときの一時的な現金の調達手段として大変便利な存在であり、これらのカードは現代社会で生活する人々にとってはなくてはならない存在となっています。VIEWカードはJR東日本が発行するクレジットカードとして多くの利用者がいます。首都圏を中心にJR東日本を利用する人は多くいますが、VIEWカードのクレジット機能を活用して、乗車券や定期券などを購入することができ、またSuicaと連動した機能を使えば首都圏での改札を他の私鉄を含めて切符を使わずに自由に乗り降りすることができます。オートチャージ機能を使えば、Suicaの残高が一定の金額以下になった場合は自動的にカード機能を使いチャージすることもできます。

VIEWカードが発行された当初はVIEWカードにも融資機能がついていましたが、2009年4月1日以降新規に発行されたカードには融資機能はつかなくなりました。JR東日本を利用する人たちにとって大変便利なVIEWカードですが、融資機能がなくなったため融資機能も使いたい人のためにビューTypeⅡ提携カードがJR東日本以外のクレジットカード会社から発行されており、Suicaを搭載することによりクレジット決済によるSuicaへのチャージやみどりの窓口での乗車券類の購入やキャッシング機能を使うことができるようになっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 65歳からでもカードローンが借りられる会社一覧! All Rights Reserved.