アイフルの限度額を増額したいときどうする

キャッシングベスト3

アイフルの限度額を増額したいけど、気をつけることってあるの?

アイフルの利用者です。幸い返済日の遅れもなくお付き合いすることができていますが、最初にいただいた借入限度額が少し窮屈に思えるようになってきました。他のキャッシングカードに申し込む事も方法のひとつだとも思いますが、使い慣れたアイフルのキャッシングカードで限度額を増額できるならその方が気が楽です。どのような事に気を付けて申し込めば良いのですか?

総量規制の範囲、収入証明書などに問題がなければ、大丈夫

アイフルの限度額を増額しようとする場合、アイフルの会員サービスからログインして簡単な入力で申込みをすることができ、店舗まで出向く必要もないという簡単なものになっています。同時に「闇雲に限度額を申込をしても……」と注意書きがあります。つまり申込みによってそのまま希望通りの増額が可能になるわけではありません。

アイフルのカードローンに公表されている限度額は300万円になっていますが、申込者の審査状況によってそれぞれに利用限度が決められます。もちろんこの利用限度額の決定には個人の過去の利用履歴、返済能力などを勘案していますが、2010年に施行された総量規制という取り決めによって収入の1/3までに借入総額が制限されることになっているということが大きな問題になります。

このことは増額の申込みにおいても同様にいえることです。ですから年収が600万円であれば、アイフル以外からの借入金も含めての合計が200万円を超えるような増額はすることができなくなります。ここには思いもよらないローン金額も含まれてくるので注意が必要です。スマートフォン等のローンも含まれるからです。

増額を申し込む前に一度冷静になって、現在のローンの総額を計算し直しておく必要があるでしょう。言うまでもなく、アイフル以外の金融会社発行のカードローンを申し込む場合でも同じように総額の再計算が望まれます。総量規制を超えた申込みは消費者金融とはいえ、あまり歓迎されることはなく、申込者にとってはむしろマイナスの結果をもたらしかねないからです。

質問者のように順調な利用を継続されているのであれば、増額の申込みそのものには問題はありません。しかし、増額した結果の利用限度額が50万円を超えるような場合、あるいは他社からの借入を含めて100万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要になる場合があります。この点には十分に注意を払う必要があるでしょう。

他社からのキャッシングを申し込む事で実質の借入枠の増額効果を得るというやり方も考えられますが、以上述べたような事情には何も変化はないでしょう。もし総量規制だけが問題であれば、総量規制の対象外である銀行系カードローンを申し込むという方法も考えられますが、銀行系カードローンの審査ではアイフル等の審査よりもむしろ厳しい審査があることを覚悟する必要が出てきます。

当然、他のカードローンに申し込むよりは直接的に実績があるアイフルでの増額の方が審査が緩くなることが期待できます。そしてそのように利用実績を積み重ねた上で増額の申込みをすることがアイフル自身が勧めている増額の方法なのです。

ですので、あまり無意味にカードローンを増やす事は考えない方が良いと思われます。現在のローン利用状況を確認し、総量規制の制限と比較し、必要書類が必要ない範囲での増額申込みをと計画すれば、問題なく増額が認められることが期待できるでしょう。

顧客属性・ニーズに合せた限度額で応えるアイフルのキャッシング

アイフルでは1000円から最大300万円まで借り入れが可能で、カードローンの他に初めての方を対象にした借り換えローンや複数の返済の1本化に適したおまとめローンなどがあります。こちらもカードローンと同じく限度額は300万円ですが、返済のみとなる商品である点は注意が必要です。また、限度額10万円の書類レス審査の商品もあり、こちらはネットで申し込み、アイフルから届いたメールに運転免許証などの本人確認書類を画像で送るだけの簡単さで、少額融資を希望されている方や使い過ぎを避けたい方などにおすすめの商品となっています。

また、消費者金融のカードローンの対象年齢は満20歳以上としていますが、23歳以上の方を対象に金利が優遇されたファースト・プレミアム・カードローンを提供しています。上限金利は9.5%と通常のカードローンの18%と比較すると、半分近い金利差で優遇しています。23歳という年齢は社会人になり、安定した収入が得られている方を対象にしたもので、多様なニーズに対応した商品になっています。また、限度額はプレミアムという言葉にふさわしく最大500万円と大口融資に対応しています。

他の大手のような銀行のグループ会社ではなく独立系の消費者金融ですが、金利面では差はありません。融資額の大きさで比較すると銀行のカードローンに利がありますが、手に届く範囲の融資を様々な商品ラインナップで揃えているのがアイフルです。書類レス審査のキャッシングや金利優遇のローンなど多様なニーズに応えている点では独自性が光っています。

アイフルの独自性でいえば、無人契約でんわBOXがあります。これは従来の無人契約機の操作の不明点や手間をオペレーターがサポートするもので、カード発行にかかる手続きの時間を省略したものです。商品開発と合わせて、顧客志向のキャッシングを提供している点にも独立系のアイフルならではの特徴があります。各種ローンすべてネット申し込みに対応しており、本人確認書類を郵送で送る手間が省ける点も特徴です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 65歳からでもカードローンが借りられる会社一覧! All Rights Reserved.