アイフルの審査基準の噂、実態の評判を知る

キャッシングベスト3

アイフルの審査基準は低いとの噂あり、その実態の評判を知りたい

噂としてはアイフルの審査基準が低いと聞きます。でも消費者金融を利用した経験もない事なので申込みに対する不安が残ります。実態としての評判はどうなっているのでしょうか。

アイフルは小額キャッシングに対応した評判が良い業者です

ネット上にあるアイフルの申込み案内に掲載されている貸付け対象者には満20歳以上の定収入がある人で返済能力があることが挙げられています。取引中に70歳になると新規融資はできないことになっていますので、上限年齢は69歳ということになります。

これを見る限り、申込みの条件はスタンダードなものだということができるでしょう。借入総額が100万円以下、アイフルの利用額が50万円以下であれば申込み時に必要とされる書類は本人確認書類だけになるようですが、収入証明書類が契約後に必要になります。これは貸金業法による規定ですので、収入の高低を判断するための資料ではないでしょう。

アイフルが特に審査基準が低く、特別利用しやすい消費者金融であるということと評判とが結びつくような要素は、一般的な条件から浮かび上がってこないようです。つまり消費者金融業者としては極めてスタンダードな経営をしているということでしょう。ではアイフルが得ているような評判は一体どこから来ているというのでしょうか。

一般に消費者金融を含め、キャッシングに関わる審査の難しさはキャッシング希望額によって変わってくるものです。ですから小額のキャッシングであればあるほど、審査は易しいものになると考えることができます。そしてアイフルを見るなら、アイフルのキャッシングはなんと1000円から借りることができるということになっています。

1万円に満たない小額をキャッシングできることのメリットは意外と大きいものです。例えば4000円が必要な時に最低融資額が1万円であると、4000円の必要に対して1万円の利息を払わなくてはならなくなりますし、また審査も必要なキャッシングの枠を超えたものになるということです。

このことがアイフルの評判を持ち上げている大きな要因であることは想像に難しくありません。小額キャッシングに関して強みを持った消費者金融であるということができるでしょう。小額キャッシングに関して強みを持っているということは、利用者が増えることを期待できます。そしてその利用者の多さは応対等のサービスの質に直接影響してくるものなのです。

金利が安いことで銀行系カードローンはよく知られていますが、限度額の枠が大きい事等からその審査はそれなりに難しいものであることで敷居の高いものになっています。そればかりか、かつての銀行のプライドをそのままに対応するかのような行員も少なくありません。これは彼らが高慢だと言う事によるのではなく、むしろ経験数の少なさに原因する対応だということなのです。アイフル等とは対称的ではないでしょうか。

口コミによく語られているアイフルによる親切な応答は決して根拠のないものではありません。貸金業法改正以降、金利によって利益を追求することが難しくなりました。その結果各金融業者は独自に強みを開発し続けてきました。アイフルの場合は小額キャッシングとそれにともなう細やかな窓口対応によって生き残りを計っているということができそうです。

ですから、初めての方がアイフルでカードローンを申込みするにしても、親切な対応が十分期待できるということができるはずです。特に審査についても申込者それぞれの条件に出来る限り丁寧な対応を柔軟にしているようですし、不安に感じるような所は見当たらないと思います。

アイフルのキャッシング申し込み時の審査基準について

アイフルはテレビのコマーシャルなどでも有名な消費者金融会社です。また、アイフルにはお自動さんと呼ばれる無人店舗に設置されている自動契約機を利用する事で誰とも顔を合わせずにキャッシングなどの申し込みを可能にしています。また、インターネットを利用すれば最短で30分と言う時間で審査が行われキャッシングが利用可能になると言う特徴もあります。

アイフルには貸付利率が4.5%~18.0%のキャッシング商品が有ります。このキャッシング商品は、1000円から最大で300万円までのキャッシングが利用可能になっています。尚、最大額は審査により決められることになりますが、アイフルは消費者金融であり、貸金業者ですので総量規制の対象になります。

総量規制は年収の3分の1を超える貸付が禁じられているため、借入残高を含む額が年収の3分の1以内に抑える必要が有ります。年収が300万円の人で借入残高がゼロであれば最大で100万円までのキャッシングが利用可能です。しかし、借入残高が50万円有る場合は、残りの50万円までが貸付可能額になります。

アイフルの審査基準と言うのは、年齢によるもの、借入残高や個人情報によるものなどが在ります。

年齢においては満20歳以上であり、取引期間中に満70歳になる事で新たな借入を行う事が出来なくなります。また、貸付対象者として、定期的な収入があり、返済能力がある人としています。そのため、サラリーマンを初めとして、自営業者、パート、アルバイト、派遣社員、委託社員、主婦、学生など様々な人が利用出来るのが特徴です。但し、専業主婦は自らの収入が有りませんので対象外となります。

尚、審査の際に必要になる書類の一つに収入証明書が在ります。収入証明書は利用限度額が50万円を超える場合や、他社借入を含む額の総額が100万円を超える場合には収入を証明できる証明書が必要になるのです。

これは総量規制による審査基準として存在しているものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 65歳からでもカードローンが借りられる会社一覧! All Rights Reserved.